オート パフューマリー コレクション

エディ・スリマンが手がけるセリーヌの香水のコレクションは、フランスの高級フレグランスにノウハウを得た、「クチュリエ・パフューマー」の伝統の系譜に連なるものです。
セリーヌのオート パフューマリー コレクションには、今現在9種類の香りのご用意がございます。香水の名前はすべて、エディ・スリマンが自身の「香りのジャーナル(記憶)」から選んだものです。

デイタイムにも、イブニングシーンにも

昼:
PARADE(パラード)
SAINT-GERMAIN-DES-PRÉS(サン・ジェルマン・デ・プレ)
COLOGNE FRANÇAISE(コロン・フランセーズ)
DANS PARIS(ダン・パリ)
LA PEAU NUE(ラ・ポ・ヌ)
EAU DE CALIFORNIE(オード・カリフォルニ)

夜:
BLACK TIE(ブラック・タイ)
REPTILE(レプティール)
NIGHT CLUBBING(ナイトクラビング)

もちろんすべてのセリーヌの香水は、昼夜を問わずお楽しみいただけます。.

パリのエッセンス、フランスのエスプリ

パリのエスプリ、大いなるクラシシズム、そして矛盾を含んだ洗練が、フランスのセンスと時代におけるその意味について改めて問う、この香りのプロジェクトの核心にあります。
セリーヌのオート パフューマリー コレクションは、伝統やスタイル、文化的な定着を主張し、さかのぼって再解釈するものです
クチュリエが大切にしている魅力、トーン、タイムレスな着こなしが香りで表現されています。

クチュリエのジャーナル

このコレクションの原点となったのは、エディ・スリマンが書き留めた「香りのジャーナル」。どの香水もこのジャーナルに記録されたさまざまな感情や特定の記憶、あるいはクチュリエの物語にインスピレーションを得たものになっています。
そのため私的で感情的な特色がこのプロジェクトおよびエディ・スリマンの調香師たちとの関係の中心になっています。その結果このコレクションは普遍的でありながら個人的な側面も帯びており、心癒される香りの記憶と感動が一人ひとりの心の中に響き渡るのです。

パウダリーな香りのシグネチャー

すべてのセリーヌの香水は、独特の香りの特徴で結ばれています。パウダリーノートがコレクションの中心となり、それぞれの調香の特徴に応じて異なる表情を見せています。
まるで肌に纏った薄く透けるベールのごとく、このパウダリーノートがそれぞれの作品に穏やかなパティナとクチュール感のある残り香のフランスらしさ際立つエレガンスを与えます。

マスキュリン フェミニン

セリーヌの香水のコレクションには、エディ・スリマンのマスキュリン フェミニンなデザインコードが踏襲されています。
コレクションのファセット(ストーリー性)を持つアコード(調和)と構成では、従来のように女性的な香りと男性的な香りがあえて区別されておらず、絶えずアイデンティティを問いながら呼応し融合し合っています。

ファセット(ストーリー性)を持つ構成

それぞれの香水は、ファセット(ストーリー性)を持ち、言葉では言い尽くせない独自の魅力を感じさせるフランスらしい香水への回帰となる、複雑で洗練されたアコード(調和)の中で、高品質の天然素材が呼応し合っています。

ツリーモス、アイリス、ローズ、シプレーアコードをはじめとする1960年代と70年代を象徴する香りが、すべての香水のシグネチャーになっています。これらの香りは、パリの雰囲気とクチュールが原点にあることを示す時代を超越した特徴なのです。