MAISON CELINE

1945年、第二次世界大戦が終戦を迎えたばかりの頃、セリーヌ・ヴィピアナは30歳を前にして、自らの名前を冠したブランドを立ち上げました。

セリーヌは子供向けのメイド トゥ メジャーのシューズブランドとして始まりました。やがて彼女のブティックはパリ全体にひろがり、すぐに著名な顧客の子どもたちのために「オートクチュール」シューズを手がけるようになると、その成功が後押しとなって女性向けのブランドとしてそのビジネスを拡大します。1960年代には初のレザーグッズおよびアクセサリーラインを発表。その後、1968年に「スポーツウェア」コレクションをデザインしたのは自然な流れだったといえるでしょう。この頃からセリーヌは、ブランドの柱として、サヴォアフェール(匠の技)と最高品質の素材を融合するという考えを打ち出すようになり、パリジャン・シックを象徴するブランドとなりました。

現在、その精神は、パリのヴィヴィエンヌ通り16番地にあるアトリエを通じて、アーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターのエディ・スリマンによってより確かなものになっています。レディ・トゥ・ウェアやアクセサリーを組み合わせた彼の「オートクチュール」デザインには、セリーヌのワードローブにおけるフランスの手仕事の細やかな可能性が感じられます。ブランドの歴史と精神を称え、1971年からセリーヌのシンボルであった「トリオンフ」モノグラムが復活しました。