セリーヌ メンズ

ボーイドール
 

フランス、パリ              

2022年1月

監督 HEDI SLIMANE


音楽

セリーヌ オリジナルサウンドトラック:

SHITKIDの「FAVOURITE THING」、作詞:ÅSA SÖDERQVIST、製作:LUKE REILLY
 

委任・共同制作 HEDI SLIMANE
 

キャスティング、スタイリング、舞台デザイン:HEDI SLIMANE
 

ヘアスタイリスト:ESTHER LANGHAM

メイクアップ:AARON DE MEY
 

  

ボーイドールは、エディ・スリマンによってパリで撮影されました。ビデオは、パリの最も象徴的な場所で撮影されました。
 

オランピアは、フランスの首都にある最も古い音楽ホールです。1893年、オペラやバレエ、音楽などの公演の場として開館しました。
 

1954年には、オランピアはフランス人プロデューサーのブルノ・コカトリックスをエグゼクティブ・ディレクターに迎え、盛大にリニューアルオープンし、その空間は崇高な芸術家たちの重要な舞台となったのです。オランピアでは、レオ・フェレ(1955年)、ジュリエット・グレコ(1958年)、セルジュ・ゲンスブール(1959年)といったフランス音楽のパフォーマンスをはじめ、シドニー・ベシェ(1955年)、ビリー・ホリデイ(1958年)、ルイ・アームストロング(1959)、エラ・フィッツジェラルド(1963)、ザ・ビートルズ(1964)、ローリング・ストーンズ(1965)、ジミ・ヘンドリックス(1966)、ボブ・ディラン(1966)、ジェームス・ブラウン(1967)、デヴィッド・ボウイ(2002)、最近ではザ・ストロークス(2020)など、世界的に著名なミュージシャンによる数々の公演が開催されてきました。


音楽

SHITKID
 

近年スウェーデンで最も永続的で魅力的なパンクアーティスト一人です。
 

SHITKIDは、5年という長い期間の中で、世界のインディーズ音楽シーンに明確な足跡を残すことに成功しました。シンガーソングライターのÅSA SÖDERQVISTの発案によるSHITKIDの曲は、初期のスリリングで生々しいスラッシュポップから、ギタードライブが奔放なデビューアルバム『fish』、10代のポップ・パンクへの愛を讃えた『detention』(2019年)、エレクトロポップの洗練された『20/20 shitkid』(2020年)と、刻々と形を変えています。

 


バンクス・ヴァイオレット
 

ヘディ・スリマンは2005年、ニューヨークでアメリカのアーティスト、バンクス・ヴァイオレットと出会いました。バンクス・ヴァイオレットは、2007年夏にフォーム写真美術館で開催された、エディ・スリマンの展覧会をはじめ、さまざまな展覧会のプロジェクトで撮影されました。バンクス・ヴァイオレットの作品は、2000年代初頭の真骨頂であり、現在のアートシーンに強いインスピレーションを与え続けています。
 

BANKS VIOLETTE

UNTITLED (FLAG), 2006

NO TITLE (HORSE/INVERTED), 2021

NO TITLE (HORSE), 2021
 

ギャラリー:グラッドストーンギャラリー 

 

アーティストグループショー


ED BRONER

LOST PARADISE, 2020
 

HATE PASTE

CRYING DISCO MAN, 2018
 

SHARADA TOLTON

I KNOW I AM BUT WHAT AM I?, 2019
 

STEVE REINKE

UNTITLED (THEY DID NOT HAVE THE MUSIC IN THEM), 2020
 

ギャラリー:イザベラ・ボルトロッチ
 

TOMMY COLEMAN

MID NIGHT THOUGHT, 2020
 

VIANDEBLEUE

CRYBABY FOREVER, 2020
 

JADE MONTSERRAT

DANCING TO A TUNE OF RADIANT EXHAUSTION, 2016

 

スペシャルサンクス:
 

L’OLYMPIA BRUNO COQUATRIX

LE MANSART

PILE OU FACE

SISTER MIDNIGHT


本作では、すべてのCOVID-19健康基準が尊重され、遵守されています。。